discography
<

cd
cd
1. underwater photography
2. butterfly stroke
3. sound travels through water
4. cast puzzle
5. nan madol
6. nature museum
7. crystal lake - not friday the 13th ※
8. riverside children
9. submarine ※

※TokyoFM ドライバーズ・インフォBGM








2nd album "how to enjoy swimming"
品番:UNS-022 価格:\2300税込 発売日:2010,09,08 >Amazon >iTunes

  download $9.99 USD

水中インストゥルメンタル作品。ゆらゆら揺れる水に包まれるようなファンタジックなフォークトロニカが誕生!
環境音やアコースティックギターの心地良い音色を中心に、ROMZ周辺、エイフェックス・ツインから影響を受けたズキバキ・ビートが優しく融合。
ゲストボーカルに、Gutherの日本ツアーで前座を務めたmurmur(マーマー)、07年日本のエレクトロニカでNo.1セールスを記録した
matryoshka(マトリョーシカ)、ドラムにceroの柳くん(カクバリズム)が参加。
ジャケットカードは着せ替え仕様の4枚入り、初回特典はレーベルメイトたちによる1stアルバムのリミックスDisc!

ジョセフ・ナッシング
ペンギンカフェオーケストラが持つ白昼夢的な 音世界と白いファンクネスが絡む独特な世界に先の想像も忘れて一気に聴き入ってしまった。
久しぶりにアルバムトータルで聴ける自分の愛聴盤コレクションに仲間入りしました。

miyauchi yuri
あったかくてかわいくてかっこいい! いいですねー。
フォークトロニカとか呼ばれているあたりの音楽のおいしいところを、ぎゅーっと絞ってさらっと飲みやすくした感じです。

4 bonjour’s parties 浜田夕起子
永遠に泳いでいけそうな、夢見心地な浮遊感。でも実は前へ進む為の力強さがあるからこそ泳いでいられるんだ。
そんな男の子をプールチェアからのんびり眺めているような気分になった!

moskitoo
記憶の中のプールはハッピーでブルー。いつでもそこへは行けるけどそこからどこにもたどり着けない。まるでぽっかり切り取られた小宇宙のよう
swimmingpoo1の音楽には そんなプールの持つハッピーな開放感とさわやかなモラトリアムを秘めた小気味よくやさしい世界が広がっています。

高田康太郎(漫画家)
水面がキラキラと輝いてのどかだ、と思ってたら水中は思ったより流れが急だった。
晴れた日に外で聴くのにいいんじゃないかと思います。外を泳ぐように歩くには最適な一枚。そして思い出されるのは塩素剤の匂いです。

>OTOTOY インタビュー

underwater photography by swimmingpoo1
Butterfly stroke (short) by swimmingpoo1
Sound travels through water (short) by swimmingpoo1
Castpuzzle (short) by swimmingpoo1
nan madol (feat Calu from Matryoshka) by swimmingpoo1
Nature museum (short) by swimmingpoo1
Crystal lake - not friday the 13th (short) by swimmingpoo1
riverside children by swimmingpoo1
Submarine (short) by swimmingpoo1

Remix Of "Half Asleep"
Small House / Remixed By Headphones Remote by swimmingpoo1
Memento Mori In The Deep Forest / Remixed By Abouts by swimmingpoo1
Heaven / Remixed By Fjordne by swimmingpoo1
 

>BACK >HOME